元仕手筋が教える仕手株の特徴。株初心者であればまずお勧めはしない仕手株ですが、余計なリスクを背負い込まないためにも仕手株についての基本的な情報は押さえておきましょう。

初心者のための仕手株とPTS株価の話

PTSというのは、各証券会社が持っている私設取引システムの略称です。Proprietary-Treading-Systemの頭文字と取っています。簡単に言えば「夜間取引を可能にするシステム」です。証券会社が株取引を行っている時間は決まっていますが、その時間帯以外でも株式投資ができるように、証券会社の中で株の売買を行える仕組みです。この取引によって生じる株価をPTS株価と言います。
PTSはどこの証券会社でも取り次いでくれるわけではないので、対応してくれるところを選ぶ必要があります。東証などの取引量が多い会社ではなく、取引量が小さい会社で行われている場合が多いので、希望したPTS株価で約定しない可能性もあります。
取引市場にも時間の決まりがあるという事ですが、この時間帯を考えて相場の変動を予測しながら先手を打つと、仕手株などで有利な取引ができる可能性が高くなります。取引時間はそれぞれの証券会社によって違うので、自分が取引する会社の時間を把握しておくことが大切です。東証ならば、前場が午前9時~午前11時30分、後場が午後12時30分~午後3時です。注意が必要な時間帯は、前場の前の「寄り付き」と取引終了直前の「大引け」前の時間帯です。この時間帯は最も株価が動きやすいです。PTS株価を気にする人は、傾向を読んでおくようにしましょう。
仕手株は、仕掛ける手という意味合いをもつ株です。仕手が絡んで動きが出てきた銘柄や、信用取り組みが接近したことで仕掛けのような動きが出る銘柄を意味します。
初心者の株取引では、仕手株には手を出さないほうが安全と言われています。動きが見えづらく、リスクが大きいからです。