元仕手筋が教える仕手株の特徴。株初心者であればまずお勧めはしない仕手株ですが、余計なリスクを背負い込まないためにも仕手株についての基本的な情報は押さえておきましょう。

住友ゴムやセーレンは仕手株になりづらい

仕手株になりやすい銘柄というのは時価総額が低く業績にも難があり、株式市場ではあまり注目されにくい銘柄が選ばれやすいものとなっています。
仕手株は密かに株を買い集め、その後株価を吊り上げて安く買い集めた株を売りぬくため、あまり目立たなくて株価を操作しやすい銘柄が好まれるためです。

そのため、住友ゴムやセーレンのような東証一部の規模の大きな銘柄は、あまり仕手株として選ばれるものではありません。
まず住友ゴムは時価総額が5000億超と規模の大きな企業となりますから、このような銘柄の場合株を買い集めるのは難しくなくとも株を買い上げて株価を吊り上げようとすると相当な資金力が必要となります。
どれだけ資金力の多い集団があっても、時価総額5000億円の銘柄を動かすのは難しいので住友ゴムは仕手株となりづらいものとなっています。

セーレンは時価総額が1000億未満であるため、住友ゴムから比較をすれば仕手株化できないこともないありませんが、それでもある程度の資金力が必要となります。
また、それだけでなくセーレンは右肩上がりの上昇を続けている企業だけに、安く株を買い集めようとすると株価が上昇してしまいやすくなるため、肝心の玉集めがしにくいものとなっていますからセーレンも仕手株としては選択されにくい銘柄となっているのです。

つまり、逆に仕手戦に巻き込まれたくないというのであれば、東証一部の大型の銘柄であったり堅調な業績を上げていて、右肩上がりの株価になっている企業の株を安いところで拾っておけば仕手戦に巻き込まれる可能性を抑えることができ、計画的な投資を行うことができるので資産運用として考えているのであれば、このような銘柄を選択するというのも悪いものではありません。