元仕手筋が教える仕手株の特徴。株初心者であればまずお勧めはしない仕手株ですが、余計なリスクを背負い込まないためにも仕手株についての基本的な情報は押さえておきましょう。

仕手株と今日の株価の関係性について

株式投資をしている人にとって今日の株価ほど気になることはありません。
場が引ける午後三時は、勝負の時です。利益、損が錯綜する時間です。
お金は、元金保証の金融商品にしか預けないという人がいます。そんな人から見たら、株式投資で、一喜一憂している人が不思議でならないでしょう。
ところが、今の世の中、大儲けするには、株や為替でしかもうけられないといっても過言ではありません。
株は賭け事にたとえられますが、地道に株価を上げている銘柄があるので、株式が全部賭け事の対象だとは言い切れません。
競馬や競輪も、賭け事ですが、株は、経済や事件、世界情勢で大きく変化する特性があります。自然気象でも株価が乱高下したりします。
絶対上がると思っていた銘柄が、暴落したり、下がりっぱなしだと決め込んでいた銘柄が急に上がったり、いろんなパターンがあって、予測不可能です。予測不可能な株価ですが、仕手株は、仕手集団が仕掛けて乱高下させる投機的な値動きをします。
急に値上がりして、自分も便乗しようと、株を買った途端、暴落することも多々あります。
株の初心者なら仕手株に、乗らないことが一番です。大損してしまい、二進も三進もいかないこともあるからです。
手元の資金で、堅実に投資するのが一番です。一日、二日で大儲けは難しいです。中には、デイトレーダーとなり、日々株式売買を繰り返す人も大勢いますが、経験や実績がものをいうので、株を始めた人がいきなり仕手株に手を出すのはやけどの原因です。とにかく今日の株価をじっくり観察して、株の値動きの癖を知ることが大切です。実際に今日の株価がいくらかどうか、興味を持つと、株価のことが良く分かるようになります。