元仕手筋が教える仕手株の特徴。株初心者であればまずお勧めはしない仕手株ですが、余計なリスクを背負い込まないためにも仕手株についての基本的な情報は押さえておきましょう。

仕手株かどうかトヨタ推移を東証指数で見る

仕手筋とは、自らが持つ巨大資本を利用して大量な売り買いにより株価を操作して利益を上げる集団です。その際には、違法ギリギリの事もやったりしますので健全な集団せはありません。また、仕手筋により操作された株銘柄を仕手株といます。仕手株は通常格段に安い株を大量に仕手筋がその巨大な資金を使って買う事により株価が釣り上げられます。この仕手株の株価は、発行する企業の業績とは関係ない所で決まりますので、初心者が仕手株とは知らずに値段がつり上がった時点で買うと後で大変な事になります。仕手筋は、値段を釣り上げる事により買いが強まって更に株価が上がったある時点で大量の売りを行います。ここで仕手筋は大きな利益を得ます。また、この時点で大量の空売りを行います。この大量の売りによりこれまで支えられたいた高値が急激に崩れます。十分に下がった時点で株を買い戻せば大きな利益が得られる事になります。これらの変化は突然で簡単には予想不可能であり、仕手株である事を知らないと大損をする可能生がありますので初心者は避けるべき銘柄です。この様な仕手株について、仕手株というレッテルが貼られている訳ではありませんので、東証指数などの株価指標を使って株価の値と株価の変化との比較を十分に行う必要があります。通常、特に企業業績とは関係なく、大変な安値から急激に株価が上昇している事で仕手株であると推定する事になりますがやはり注意が必要です。この東証指数を使ってトヨタの株価推移を長期にわたって見てみると、その株価はドル円為替と大きな関係がある事が分かります。この株価についてのトヨタ推移変化は輸出産業である事を物語っており、業績に株価が大きく依存してますので通常株であると言えます。