仕手株の基本情報と仕掛け方

元仕手筋が教える仕手株の特徴。株初心者であればまずお勧めはしない仕手株ですが、余計なリスクを背負い込まないためにも仕手株についての基本的な情報は押さえておきましょう。

仕手株とは投機的な取引のための株式

仕手株という言葉を良く耳にしますが、これは果たしてどういった意味なのでしょうか。仕手株とは、仕手筋が好んで投機的な取引に用いる銘柄のことを指します。総じて低位株が多いです。投機的な取引というのは、株価の変動によって利益を追求することを指します。株価の動きが大きければ利益を得やすいと言えるでしょう。その企業の業績や財務面などとは関係なく取引が行われるという意味で、投機的だと考えられるのです。

低位株であるというのは、株価の上昇余地が大きいことを意味します。また、流動性が低いことは株価の変動が大きくなる原因になりやすいです。普段は誰も注目しないような低位株で、流動性が低いものが好まれます。仕手株とはだいたいこういったものを指すと考えておくと良いでしょう。

普段は誰も見向きもしない銘柄が、あるとき急に上昇を始めるとどう思うでしょうか。もしかすると、業績アップのニュースが流れるのではないかと考えるのは自然なことでしょう。誰かが情報を先に入手していて、それを元にして買い注文が集まっているのだという推測が飛び交うと、買い注文が集まってきます。

仕手筋は、このようにして人気が出るのを待っていて、人気が出たところで売り抜けるのが普通です。仕手株とは、このような戦略のとりやすい銘柄だとも言えるでしょう。ですから、低位株であることは必要な条件の一つだと言えるでしょう。また、流動性が低いこともその条件の一つだと考えられます。簡単に言えば、株価を操作しやすい銘柄だと考えられます。まとまった注文が入ると一気に株価が上昇するような銘柄は、仕手株として適していて、このようなものは周期的に上昇と下落を繰り返しているようです。
優良投資顧問ランキング情報はこちら